妊婦だってアナルで遊びたい?PCMAXで帯広市に転勤したての男に転機到来!!

北海道の帯広市に転勤。

 

こちらの生活にも慣れてきたため、出会い系サイトに登録しました。

 

PCMAXを利用してみたところ、メール交換に成功したのが27歳の、妊婦さんでした。

 

亜美は妊娠8カ月目。

 

「旦那さんと夜の生活は?」

 

「それが、ちっともないんだよね」

 

「妊娠してから?」

 

「うん、興味なくなっちゃったみたいで」

 

「亜美はムラムラするの?」

 

「するよ、だから毎日オナ」

 

「性欲旺盛なんだ」

 

「そうかもしれない」

 

相手が妊娠中って言うと、何か特別なプレミア感を感じてしまったのです。

 

お腹の大きい女とパコパコやった経験ないですからね。

 

「なんなら、軽くオナニーでも楽しむ?」

 

「うん、エロいこと言われると、凄く感じちゃうんだ」

 

亜美は素直に電話エッチに応じてくれました。

 

妊婦が吐き出すアヘ声に、肉棒がやたらビンビン状態。

 

無我夢中で快楽を追求する、その姿勢に興奮がやたら強くなってしまっていたのです。

 

相手も、オナ電で激しく燃え上がったせいなのか、リアルでの関係も許可してくれました。

 

柏林台駅から車に乗せ、亜美知人に見つからないようなホテルに向かって行くことになりました。

 

顔は、かなり可愛らしい雰囲気。

 

妊娠しているからなのか、元々なのか、オッパイが結構大きくなっちゃってて、激しい興奮が襲ってきてしまいます。

 

車を駐車場に滑り込ませ、室内へレッツゴーでした。

 

ガチで、妊婦さんの肉体ってエロい!

 

オッパイが膨らんじゃっているし、お腹も出ている。

 

妊娠しているというスパイスが、強烈な興奮を呼び起こしてくれる感じでした。

 

ジロジロと彼女の裸を見ていたら「そんなに見られたら、恥ずかしいじゃない」と、照れた様子で言い出します。

 

「素晴らしいエッチなボディだからさ、目に焼き付けておかないと損」

 

「エッチな気分になる?」

 

「なるよ、もうフル勃起だし」
「本当に?」

 

「本当だよ、証拠見せるね」

 

裸になって、ビンビンの肉棒を見せてやりました。

 

「夫のより、大きなサイズだ」

 

「やっぱり後背位とかの方が良い?」

 

「お腹圧迫しなければ、どんなのでも大丈夫」

 

そこから熱いキスをして、膨らみまくったオッパイをモミモミ。

 

通常のオッパイの感触とは違いました。

 

 久しぶりのセックスに亜美の反応も激ヤバ状態。

 

「はぁ、いいっ、いいのっ、気持ちいいよ」

 

熱い吐息をまき散らしながら、彼女は言うんです。

 

「妊婦のオマンコ舐めてやるからね」

 

「はぁっあっあっあっあっ、ああああっ」

 

マン汁をやたら多く垂れ流しながら、彼女は感じ続けてくれます。

 

たっぷりと愛撫をした後、そろりと膣に肉棒を忍び込ませてみたんです。

 

「はぁっあっあ〜っいいっいいっいいっいいよっ、あんあんなあん」

 

猛烈な喘ぎ声を吐き出していました。

 

何度も繰り返し、お腹を圧迫しないように彼女のオマンコの中で動かしまくり。

 

「アナルは?感じたことある?」

 

「前彼とやった時、良かった」

 

「じゃ、フィニッシュはアナルでね」

 

「うん」

 

ローションを塗りまくったアナルに、肉棒を奥深くまで突っ込んでいく。

 

こちらでもかなり感じて、声を出しまくっていました。

 

メチャクチャな動きで、オッパイも激しく揺れ動く。

 

彼女の声の強烈さも相まって、大興奮の肛門内射精になりました。

 

 セックスの後の後戯もバッチリ。

 

「また会って、セックスさせてくれる?」

 

「うん、今日みたいに気持ちよくしてね」

 

そう言うと、胸に顔をうずめてくるんです。

 

抱き寄せてぎゅっと抱き締めてやりました。

 

そして熱いキスをしました。

 

(33歳・会社員・将大)

このページの先頭へ戻る