逆援助交際で7千円ほど熟女とセックスしたら手渡されたんですけど・・・

世の中には本当に変わった人がいるもんですね!俺は、フリーターでコンビニと日払い派遣をちょっとやっているんですけど、さすがに実家暮らしだから手を抜いていて、手取り月10万円もあれば生きていけるからあまり頑張ってはいないんです。

 

それもこれもまだまだ20代後半だし彼女いないからそろそろ作らないともはや結婚なんて絶対ないし、そこは悩んでいたものの、それよりも大事なことはセックスをほとんどできていないことだったんです。

 

たいていは、毎月1回行くソープでどうにかしてはいるけど、2万円は俺の収入だと結構高いわけで、それで出会い系サイトのJメールでどうにか相手を探せれば良いかなと使い始めたと言うわけなんです。

 

選り好みしてはいられないとできるだけお金持っていそうな中年女性(いわゆる熟女)にターゲットを絞ることにしたんです。

 

年上の女性を狙うとメリットがあるとしたら、飯くらいは奢ってくれるだろうってことです。

 

さすがに折半だと厳しいですからね。それで30歳から40歳くらいの熟女を誘い飯掲示板に投稿している人に向けてメッセージを送りまくったんです。

 

「仲良くなれたらご飯一緒に食べに行きたいです。俺は、好き嫌いはないので、鍋でもオムレツでもカレーでも何でも大丈夫です。」

 

まさに奢ってもらう気持ちで誘ってみたら「奢られたいの?」と返事が着たんで、「はい、その通りです!俺は今日と明日は暇なんでよろしくお願いします!」と強くお願いしてみることに!

 

相手は37歳で意外とご近所の独身熟女さんでした。何でも俺と同じく実家暮らしでバイトとかパートとか今はしていないそうで、だけど実家だし特にお金がないわけでもないらしかったんです。

 

で、会う事になったんです。

 

会った場所は駅前で、俺はいつもTシャツとジーンズと言うまさにやっすい格好でしたけど、会った熟女もさほど俺と変わらない感じでしたけどね。

 

「何が食べたいの?」

 

挨拶もそこそこによくぞ聞いてくれたと言う質問をしてもらい、「何でもいいの?」「なら、酒呑みたい、ダメかな?」「いいよ。すぐ上に居酒屋あるしね」「なら、行こうか(笑)」

 

この流れで、夕方6時で居酒屋も営業を始めていたんで、それで2人で呑み食べ放題1人あたり3千円コースとその居酒屋の中で一番安いコースでしたが、それでも色々と注文できたんですよ。

 

ビールとかサラダとか揚げ物とか、唐揚げとか・・・

 

2人でサイトの話をつまみ程度にしつつ、この後のことも聞いてみると、近くにホテルあるし行こうよと言うエロいムードになっていたんです。

 

まあ、初対面で居酒屋代を奢ってくれる熟女、しかもおっぱいはDをカップくらいあって細身でブスではないけど美人でもない感じの熟女と会えたんですからね、ちょっとラッキーでした。

 

ご飯代を軽く支払ってくれた熟女にお礼を言いつつ、そのままの足で近くのラブホテルへチェックイン!今日は平日だからなんとか選ぶときに3室も空いていたので、お泊り6,500円の部屋にチェックイン。

 

俺は、財布の中に3千円くらいしか入っていなかったので、さすがにさっき奢られちゃっているしなぁ〜とここは折半と言われたら財布の中すべてのお金を出しておくかなと言う気持ちではいたんですけどね。

 

部屋へ2人でほろ酔い気味になりながらも、エレベーターに乗り3階へ。部屋へ着くなりすぐに抱きしめ合ってキスまでしてエッチしちゃったんです。

 

居酒屋にいるときから気になっていたおっぱいの膨らみをやっとこの目で拝めると、脱いでもらうとやはり美しい!まさに美乳でした!

 

やはりおっぱいなんて陽に当たるわけではないので、色白で乳首もツンと勃起しているし舐めごたえもみごたえが凄く良かったです。

 

そのまま風呂にも入らず生でエッチしちゃったんですけど、どうやら俺とのエッチで何度も絶頂を迎えてくれたみたいで、普段はこんなにイク事ないんだけどね!

 

なんて言うエロい会話に発展!

 

「今日は凄く気持ちよかったから、おばさんがこれあげるね!」

 

と手渡してくれたのが7千円だったんです!

 

「良いんスカ!こんなにもらえて!」

 

凄い驚いた俺を横目に、「良いのよ、受け取って頂戴」と言ってくれたので、財布の中に締まっておくことに。

 

結局、その日は2人でダブルベッドで抱き合うようにして寝て次の日に帰宅の途へ。

 

「また、お金ができたとき誘うね!」

 

と言ってくれた熟女さんとまた会いたいですね!

このページの先頭へ戻る