立ちんぼの意味って?

立ちんぼとは東京(新大久保や歌舞伎町あたり)、大阪(兎我野町あたり)、福岡(博多駅の春吉のラブホテル街周辺)あたりで、女の子が1人でぽつんと立って男性とラブホテルでセックスをしてお金をもらっている女性たちのことですよ。

 

ぶっちゃけ全国どこでも立ちんぼとして女性が身体1つで商売はできますけど、どうしても繁華街で有名な東京や大阪そして福岡に集中しがちなだけです。

 

もちろん警察が立ちんぼを放置するわけもなく、違法行為なので検挙するために力を入れています。刑罰は6か月以内の懲役または1万円以下の罰金です。刑罰が比較的軽いため捕まっても再犯する女性だっていることでしょう。

 

男性は18才未満のいわゆる児童買春罪さえ気を付ければ、とくに法律によって断罪が下されることはありません。

 

立ちんぼと出会うにはどうすればよいの?

 

単純にいえば立ちんぼがよく出没していると有名な場所を居酒屋や風俗店などに出入りした際、ちょっと店員に聞いてみるなんてすれば余裕でしょう。

 

ネットでもジャンジャン更新されていますので、調べるのは苦労しないはずです。

 

コロナ禍で立ちんぼ女性は減少傾向?

 

さすがに立ちんぼをしている女性だってコロナに感染したくないので繁華街に出るのはリスクですからね。

 

今は立ちんぼだけではなくて風俗店でバイトすらしたくない女性も増えています。

 

コロナ1つでどこまで変化がおきるのかわからないほどですよね。

 

彼女たちはどこへ行ったのか?

 

繁華街にいた外国人立ちんぼたちは本国へ帰るか仕事自体を辞めるなどいろいろと変わっているようです。

 

ただし日本人たちは若い女性を中心に出会い系サイトへと場を変えています。

 

彼女たちは出会い系サイトで男性客と出会いたくて必死ですけど、彼氏やセフレになれる男性もいます。

 

なぜタダマンできる男がいるのかといえば、売春婦扱いされないためですね。

 

ちょっとした理由付けのためで、心の支えが欲しいだけですよ。

 

俺は見た目がタイプの女性なら誰とでもやりたいだけなら割り切って遊んでくればいいでしょう。

 

お手軽な出会い方としては、手こきやフェラ、下着を買うなど

 

濃密な出会いとしては、ゴムあり本番や生ハメ、そして中だしやSMプレイまで素人同士の出会いだからこそ楽しめる度合も幅広いです。

 

出会い系サイトでは毎日24時間365日いつでも新しい投稿があり、女性がそれだけお金に困っている証でもありますからね。(コロナによる自粛後から、今のバイトや仕事先が時短営業したり倒産するかもしれないと危機感を覚えた女性たちが、サイトに登録して出会いを探すことが増えています。)

 

言葉は悪いですけど買いたい男性と売りたい女性が法律に則り、連絡を取り合える場所が出会い系サイトなだけですね。

 

さすがに1人の女性としてしっかり見てあげたい!甘やかしてあげたいのであれば、お金の話をして来ない女性に、ごはんをごちそうしながら話を聞いてあげるようにすればタダマンにありつける可能性は高くなりますよ。

 

このページの先頭へ戻る