女性がおじさんから訳ありでご飯をごちそうになりたい

女性にとって、毎日の食事はとても大切ですよね。特に体調管理をしておかないと、生理もありますしホルモンバランスによって体調がおかしくなることも多々あると思います。

 

ですが、毎日の食事をすべて自分で用意していたらとてもじゃないですけど、お金が掛かりますからね。

 

見た目で判断されがちな女性にとって、できるだけ少しでも美しくなるようなメニューを食べたいと思った場合には、お金が掛かっている部分をおじさんに食べさせてもらいたいと思っても悪いわけじゃないです。

 

しかも、今では訳ありで出会うことにおじさんからちょっとしたお小遣いまでもらって帰宅できるようになるのですから、とても有難いものですよね。

 

この訳ありって言うのは、もしかしたらご飯後にエッチもあるかも!って意味なんですよね。

 

18才以上であれば、刑法に引っかからない出会い方になっています。

 

おじさんたちは、ご飯を一緒に食べるだけが目的じゃなくて、さらりとその後のことを相談して来ようとしてくるんですよね。

 

もちろん、男女がすでに会っているので「このおじさんとは合わないかも・・・」と思えば帰宅すれば良いだけですし、逆に「相手してみたい!」と思えばラブホテルへ着いていけば良いだけなのでとっても簡単ですよ。

 

おじさんにとっては、風俗やソープ、デリヘルなど必ず遊んでくれるおねえちゃんと相手してもちっとも面白くないのは、お互いがフェアな立場で会っており、ちょっとしたドキドキ感があるのが嬉しいって感じなのです。

 

しかも、遊ぶお金はあるので、後は女の子次第かなと思って会っているんですよね。

 

訳ありの女の子体験談

 

私は、大学生で彼氏と別れたんですけど、その理由はお金がお互いになくてどこにもいけない状態に退屈していたからんです。

 

それで、PCMAXを使って今は大人の遊びをするようになりました。相手は40才の会社員でご飯をごちそうになったついでにホテルへ誘われることに。

 

このときおじさんから2万円の提示を受けたんですよ。ドキッとしましたけど、そのまま着いていっちゃいました。もちろん何をしたかは秘密ですけどね。(照)

 

(愛知県 20才 女子大生)

 

社会人になってから仕事が忙しくてとてもじゃないけど、彼氏なんて作れないと悩んでしまってました。

 

そこでPCMAXで大人の交際を始めてみることに。Hのうまそうな相手を見つけるべくまずはお茶に誘われてからのデートですよ。

 

私だって、いくらお小遣いをもらえてもお相撲さん体型の人とは遊びたくない!って気持ちはあるんですけど、それ以外であれば禿ていても気にならないって思います。

 

お茶で誘われて本当に宇治抹茶を嗜めるお店に連れて行ってくれたおじさんには驚いたことあります。

 

そのおじさんとはそのままラブホテルへも行きましたけどね。

 

(東京都 27才 OL)

 

訳ありでおじさんと出会う誘われ方は?

 

最近の出会い系サイトでは、援助交際とか割り切りなどお金のことを書くことがNGになっています。

 

そこで、まずはご飯にでも誘われたいかもと書いておくのが無難な書き方ですね。

 

最初からホテルだとNGワードを踏んでしまうので、まずはメッセージをやりとりしてみて雰囲気が良ければ出会うようにしてみるところからと気軽に使ってみると良いでしょう!

 

利用するときはどうすれば良いの?

 

・18才以上の男女だけが使うことができます。

 

・登録する際は、免許証・保険証・パスポートなどで生年月日と発行元を写真に撮り指定されたメールアドレスへ送信すると、運営元によって目視で確認があり、了承されるとロックされてあった機能が解除されるしくみとなっています。

 

・男性は有料ですが、女性は無料で使うことができますよ。

 

ランキング

PCMAX

大人の出会いが9割とまさに最初から身体ありの関係で出会いを求めている男女のためのサイトと言われています。

 

必ずしなきゃいけないわけじゃないです!

 

掲示板に投稿してみて、ご飯に誘われたらその後は二人の楽しい出会いが始まりますよ。

 

 

 

出会い系サイト

ワクワクメール
PCMAX

ワクワクメールは、優しい人が多くて「これから飯にでもまずは行かないかな?」と掲示板に書き込みしておくとで返事が着やすいです。

 

さすがに最初からH目的のおじさんだと、SMとかいろんな性癖をしたくて出会う人もいますからね。

 

だからこそ、まずはご飯から出会ってくれる人と会うようにしてみることをオススメしますよ。

 

出会い系サイト

 

お問い合わせは何でもどうぞ!
ご質問はこちらから

 

 

このページの先頭へ戻る